JA土佐くろしお(土佐くろしお農業協同組合)| 公式ホームページ
JA土佐くろしお(土佐くろしお農業協同組合)| 公式ホームページ
(834,439 - 140 - 512)

JA土佐くろしお概要

JA土佐くろしおと地域の概況

平成9年4月にJA須崎市(須崎市)、JA葉山(津野町葉山地区)、JA土佐久礼(中土佐町久礼地区)、JA上ノ加江(中土佐町上ノ加江地区)の1市1町1村の4JAが合併し土佐くろしお農業協同組合が誕生しました。

当地区は高知県の中西部に位置し、須崎市・中土佐町は土佐湾に面し、津野町葉山地区は須崎湾に流入する新荘川の上流に位置する中山間地になっています。

地区内の面積は須崎市135.4平方キロメートル(耕地面積率8%)、中土佐町久礼・上ノ加江地区92.7平方キロメートル(耕作面積率9%)、津野町葉山地区66.7平方キロメートル(耕地面積率7%)と、耕地面積が極端に少なく、1戸あたりの耕作面積は50アール程度となっています。

このように1戸あたりの耕作面積は狭隘でありますが、地形は北側に山を背負い南は太平洋に面しており、平野部は年間平均気温16.5℃前後と温暖な気候を利用した施設園芸や早期米栽培が盛んで、海岸傾斜地では果樹栽培、山間部では茶葉の栽培が行われています。

特に施設園芸においては、須崎市を中心に古くからキュウリの栽培が盛んでしたが、最近はミョウガ栽培が主力となっており、全国一の販売額を誇る主要産地となっています。

基本理念=JA綱領

農業協同組合は、協同組合の精神である「一人は万人のために、万人は一人のために」(相互扶助)を合言葉に、農業従事者が協同の力で経済的・社会的地位の向上を図ることを目的につくられました。現在、全国のJAではこの協同組合精神に基づきJA綱領を定めています。JA土佐くろしおでは、このJA綱領を基本理念としています。

● JA綱領−わたしたちJAのめざすもの−

わたしたちJAの組合員・役職員は、協同組合運動の基本的な定義・価値・原則(自主、自立、参加、民主的運営、公正、連帯等)に基づき行動します。そして、地球視野に立って環境変化を見通し、組織、事業、経営の革新をはかります。さらに、地域・全国・世界の協同組合の仲間と連携し、より民主的で公平な社会の実現に努めます。

このため、わたしたちは次のことを通じ、農業と地域社会に根ざした組織としての社会的役割を誠実に果たします。

わたしたちは、

  • 一、地域の農業を振興し、わが国の食と緑と水を守ろう。
  • 一、環境・文化・福祉への貢献を通じて、安心して暮らせる豊かな地域社会を築こう。
  • 一、JAへの積極的な参加と連帯によって、協同の成果を実現しよう。
  • 一、自主・自立と民主的運営の基本に立ち、JAを健全に経営し信頼を高めよう。
  • 一、協同の理念を学び実践を通じて、共に生きがいを追求しよう。

JA土佐くろしおの基本方針=まごころ・フレッシュ・あなたのそばに

まごころフレッシュあなたのそばにを合言葉に理想のJAをめざしまします。

安心して暮らせる豊かな地域社会の実現にむけ、地域への貢献と、組合員の生産・生活の向上に寄与し、まごころ で組合員サービスに努めます。

担い手や女性の参画を進め、組織活動を活性化し、常に新たな気持ち フレッシュ で地域農業の振興と、消費者に安心・安全・新鮮を提供します。

改革の実践により機能強化・財務の充実に努め、安定して事業が行えるよう万全な経営を確立し、常に あなたのそばに いるJAを目指します。

JA土佐くろしおの長期ビジョン=JA土佐くろしおがめざす姿・姿勢

JA土佐くろしおのめざす姿・姿勢として、挑戦貢献信頼 を3本柱とします。

挑戦します。

元気ある産地実現に向けて

命の根幹となる「食」を支える地域農業の維持・振興を図るため、担い手の育成と併せて、女性の参画を進め、組合員組織と一体となって「元気のある安心・安全な産地」を目指します。

地域に貢献します。

必要とされるJAの確立

JAの基本理念を再認識して、人と人との繋がりを大切にし、自ら地域にとけ込み、組合員や地域住民とのふれあいを通じて結びつきを強化し、「必要とされ・利用されるJA」を目指します。

利用者から信頼を得るために

JA職員は、それぞれに専門的な対応ができる知識を得て、総合事業の強みを発揮し、組合員や地域の人々の営農と生活を高度にサポートできるよう、専門知識を有し、アドバイスできる職員を目指します。

個人情報保護ポリシー

このサイト内でのご意見・お問い合わせは こちら までご連絡ください。
Copyright(C) 2017 JA TOSAKUROSHIO All Rights Reserved.