JA土佐くろしお(土佐くろしお農業協同組合)| 公式ホームページ
JA土佐くろしお(土佐くろしお農業協同組合)| 公式ホームページ
(834,335 - 36 - 512)

イベントリポート

カテゴリ すべて> 登録件数 252件
前のページ Page: 10 次のページ

第16回須崎市ドラゴンカヌー大会へ2チームが参戦(かわうそカヌー・ドラゴンカヌー2部の部)

8月17日須崎市ドラゴンカヌー大会が開催され、当JAからはかわうそカヌー
の部・ドラゴンカヌーの部の2部へ2チームが出場しました。出場したのは、生産者
の若妻と男性職員で構成された「ぐりーんメイト&Team JA土佐くろしお」と、
女性職員で構成された「JA強力隊」の、総勢およそ50名がこの大会に参加しま
した。
【ぐりーんメイト&Team JA土佐くろしお】
初戦を1分38秒.088という好タイムで通過し、準決勝に駒を進め、1分37秒623と好タイムを出しましたが、惜しくもこのレース4位、15チーム中第7位の結果となりました。
来年こそは、決勝戦へ進出できることを願っています。
【JA強力隊】
2回戦ではこの日最速の1分48秒.262、決勝戦では2位の魚貴に0秒.866及びませんでしたが、昨年より一つ順位が上がり、第3位となりました。

第4回あぐりポケット開催(平成25年度JA土佐くろしお体験食農教室)

 JA土佐くろしお管内の小学生を対象とした第4回体験食農教室「あぐりポケット」では、3月25日に須崎市下分甲にある須崎観光農園HARERUでのイチゴ狩りと、道の駅かわうその里すさきにある直販所「かわうそ市」の見学と、お買い物体験を行いました。
 平成25年度最後あぐりポケットには、管内の小学校から子供53名、保護者8名が参加甘くて摘みたて新鮮なイチゴに舌鼓を打ち、地元野菜の買い物体験を楽みました。
 参加者からは「太いイチゴが沢山あった!」「イチゴをお腹いっぱい食べれて楽しかった」「今日買った野菜を晩御飯にする」「野菜がいっぱいあってどれにしようか悩やんだ」などなど、たくさんの感想を頂きました。

展示商談会大成功(「高知の花」を花卉部会がPR)

 東京都品川で「高知の花」展示商談会があり、花卉部会から浜田、今橋両副部長が参加しました。
 会場には300名を超す仲卸や花屋の方等が来場し、イベント終了後には早速受注もある等展示会は大成功でした。

もうすぐ満開「桜の絨毯」(かわうそ市部会が清掃活動を行う)

 かわうそ市部会は3月7日に、道の駅周辺の清掃活動を行いました。
 市川和一会長の発案で始まったこの活動も、今回で3度目となります。
 きれいに清掃された後には、ピンクの可愛らしい芝桜が咲き始めていました。

“エンジェルビュー”で食事会(部員の親睦を深める)

 農家の若妻らで組織するぐりーんメイトは、2月27日に部員同士の親睦を深めることを目的とした食事会を、ホテル日空高知旭ロイヤルで開催しました。
 食事会には33名が出席し、夜景を見ながら楽しい一時を過ごしました。

「春の合同セール」大賑わい(各資材センターで開催)

 各資材センターは2月21・22 日の2日間にかけて「春の合同セール」を行いました。
 セールでは、日頃のご愛顧に感謝を込めて肥料や農薬、農業資材等を格安で提供し、大いに賑わっていました。

「安全・安心・新鮮」を届けます(ミョウガ部会出荷初め総会開催)

 ミョウガ部会は、平成26園芸年度のミョウガ部会出荷初め総会を、3月7日に須崎プリンスホテルで開催しました。
 総会には、生産者やJA役職員、取引会社関係者らおよそ150名が参加し、平成26年園芸年度生産出荷計画等2議案の承認ならびに、消費宣伝計画や目慣らし会等についての報告が行われました。
 また、大野部会長は挨拶の中で、「100億円プロジェクト達成に向け、ミョウガ部会も全面的に協力して行く」と話し、農産物市場売上金額の更なる向上に意欲を見せていました。
 出荷初め総会を通じ、ミョウガ部会は長年培ってきた信頼とブランド力。安全、安心、鮮度を重視した安定供給を実施する事で、販売高の向上を目指す事を確認し合いました。

「黄色い交通安全傘」の贈呈(JA共済の地域貢献活動)

 JA共済は、県内の小学校新入児童に対し「黄色い交通安全傘」を、入学祝としてプレゼントする活動を行っています。
 この活動は、「小中学生交通安全ポスターコンクール」や「高齢者交通安全教室」の開催、「救急車」等の市町村への寄贈など、JA共済の行う地域貢献活動の一環で、交通事故の防止や被害者救援活動に資することを目的に行っています。
 平成26年度も、JA土佐くろしお管内の小学校12校を対象に、220本の「黄色い交通安全傘」が贈られました。
 浦ノ内支所管内にある浦ノ内小学校には、3月6日に高橋支所長より山岡教頭先生に、子供たちの通学中の交通安全を願い、新入生15名分の「黄色い交通安全傘」の贈呈を行いました。

「功労者」賞を受賞(第13回JAバンク全国大会に出席)

 JAバンクの更なる発展を目指し、決意を新たにする事を目的に行われている、第13回JAバンク全国大会が2月27日に東京で開催され、JA土佐くろしおから森光筆頭常務が出席しました。
 この大会は、各県域で優れた業績を上げた「優績JA」、ならびに永年に渡りJA信用事業の発展に貢献した「功労者」を表彰する式典を同時に行っており、当JAは昨年度の優績JAの表彰に続き、功労者表彰を受賞することとなりました。
 森光筆頭常務は「大変光栄な事であり、地域社会に必要とされるJAを目指し、地域に根ざした質の高いサービスの提供を行っていきたい」と話し、今後の事業推進活動に意欲的でした。

「女性部市」を出店!(りぐる浦ノ内主催の鯛伊食祭に参加)

 須崎市浦ノ内の“りぐる浦ノ内”が主催して行っている「鯛伊食祭(たいいくさい)」が、2月23日に同地区坂内にある須崎市立よこなみオートキャンプ場で開催され、JA土佐くろしお女性部浦ノ内支部は「女性部市」を出店しました。
 この日「女性部市」には、地元で収穫した新鮮な野菜や果物、また、料理教室サークル「味彩(あじさい)」お手製のミョウガちらし寿司等が店頭に並び、会場に訪れた来場客に浦ノ内の味を提供しました。
 女性部浦ノ内支部の活動は、地域のグルメと、老若男女が年齢を問わず参加できるスポーツを通じて、地域の活性化を目的に行われている「鯛伊食祭」を盛り上げるのに一役かっていました。
前のページ Page: 10 次のページ

個人情報保護ポリシー

このサイト内でのご意見・お問い合わせは こちら までご連絡ください。
Copyright(C) 2017 JA TOSAKUROSHIO All Rights Reserved.