JA土佐くろしお(土佐くろしお農業協同組合)| 公式ホームページ
JA土佐くろしお(土佐くろしお農業協同組合)| 公式ホームページ
(801,725 - 13 - 505)

イベントリポート

カテゴリ すべて> 登録件数 252件
前のページ Page: 10 次のページ

自己改革の実現へ向けて(JAグループの結集力を強化)

 12月2日本所3階で全職員を対象に「JAグループの自己改革」についての説明会を行いました。
 これは政府による「農協改革」に関して、JA自らがどのように変わるべきかを明確にした自己改革案が作成された事に伴い、全職員へ理解を深めてもらい、自己改革に向けた意識の向上を目的に開催されました。
 会では矢野常務から自己改革案、また改革を行う事で具体的にどのように変わっていくのかの説明があり、参加していた職員らは真剣な表情で聞き入っていました。
 今後も自己改革に向けて全職員一丸となって取り組んでいきます。

これが元気の秘訣(グランドゴルフ大会開催)

 11月26日須崎市浦ノ内坂内のグラウンドで年金友の会連絡協議会主催によるグランドゴルフ大会を開催しました。
 この大会には、管内から64名が参加しました。前日に雨が降ったため、グラウンドの状態が心配されましたが、当日は無事プレーできました。
 大会では熱い戦いが繰り広げられていました。大会参加者の中には、毎週グランドゴルフの練習を欠かさず行っている方も多く、ホールインワンを15名の方が達成し、中には2度のホールインワンを達成した強者もいました。

「すさきがすきさ」完成(須崎のまちを日本一にするPR曲)

 11月29日須崎市立市民文化会館で須崎のまちを日本一にするPR曲「すさきがすきさ」完成記念式典が開催されました。
 これは須崎市で行われた「こども協議会」の中で市内の中学生達が地域への貢献や須崎市の活性化と未来を考え、須崎市のPR曲「すさきがすきさ」を提案した事がきっかけとなりました。曲の完成に向けて生徒自身が実行委員となり、歌詞を生徒皆で考えました。そして高知に縁のある作曲家・織田哲郎さんに作曲をお願いしてPR曲が実現しました。
 当日は須崎市内の5つの中学校の生徒達が参加し、スタッフや、ステージ出演に至るまで生徒達自らで式典を行いました。
 須崎市のキャラクター紹介のコーナーでは、当JAからみょうがちゃんが出演し、しんじょう君、なべラーマンとともに「すさきがすきさ」の完成をお祝いしました。
 式典の中では各中学校の生徒が自分たちの学校や地域について紹介を行い、それぞれの魅力を伝えました。
 「すさきがすきさ」の披露では、ステージで生徒達がダンスを踊り、会場を盛り上げていました。

自宅で皿鉢を作ろう!(自宅で皿鉢を作ろう!)

 11月25日上分公民館で女性部上分支部の料理講習会が行われました。
 毎年恒例となっているこの講習会には女性部員や地域の方18名が参加しました。
 最近は家庭でお寿司や皿鉢料理を作ることが少なくなってきている事もあり、お寿司の巻き方や盛り方などを勉強しました。
 以前はお寿司の巻き方を中心に教えていましたが、「下ごしらえから教えて欲しい」と要望があり、具材の味付けから学ぶことができ、好評でした。
 去年はお寿司だけでなく皿鉢料理も作り、年々メニューがパワーアップしていますが、今年は更に立派な皿鉢料理が完成しました。
 試食会では料理談議に花が咲き、楽しい時間を過ごし親睦を深めていました。

で愛!ふれ愛!わかち愛!2014 JAまつり

日 時:平成26年11月16日(日) 午前9:00〜午後3:00
ところ:マルナカ須崎店 駐車場

ご来場ありがとうございました。
天候にも恵まれ大勢のお客さんで賑わうことができました。

 ステージイベントでは、農産物品評会表彰式、モンキーパフォーマンス、「すさき〜真実(まっこと)〜」によるよさこい踊り、吉本芸人 淀屋萬月さんによる司会と漫才、餅投げなどおおいに盛り上がりました。

インゲン部会出荷初め総会(販売目標額突破へ)

 11月17日販売課2階でインゲン部会の出荷初め総会を開催しました。
 総会では来年の6月までの出荷に関する要領の説明や、平成27園芸年度の部会目標3億9,400万以上の販売に向けて収量アップや品質向上を一丸となって取り組むことを再確認しました。

LPガス防災訓練(有事の際の連携を強化)

 11月7日(株)JAエジー高知と燃料課が今年2回目となる総合合同訓練を実施しました。
 地震発生を想定した訓練では、緊急処置方法と、迅速な初動態勢の確認をしました。
 今後も、当蝪複船┘淵検執眞里箸力携作業も視野に入れた自営消防組織の強化に努めていきます。

農業技術研修会 開催(県外より研究員を招き講演会)

 10月31日販売課2階会議室で「低コスト・省エネ及び環境制御技術講演会」が開催されました。
 この講演会では、まとまりのある園芸産地活性化事業の研究会活動を通した様々な事例が報告されました。
 初めに近畿中国四国農業研究センターの川嶋上席研究員より「施設園芸における省エネ技術の現状と新技術」をテーマに講演が行われ、三重県農業研究所の磯崎主幹研究員からは「ハウス内環境制御技術について〜トマトCO2施用を中心として」の講演が行われました。
 講演会に参加した生産者や関係者は様々な事例や情報、研究結果を真剣な表情で聞いていました。

年金友の会グラウンドゴルフ大会(秋晴れのもと好プレー)

 10月29日津野町総合センターのグラウンドで、葉山支所年金友の会主催による大会が開催され、管内の年金友の会に登録する会員29名が参加しました。
 大会に先立ち、下元弘暢会長より競技説明ならびに大会挨拶が行われ、チームに分かれて、秋晴れの下、和気あいあいとプレーしていました。
 今回ホールインワン賞4名、そして2回のホールインワンを決めた方もいて、日頃の練習の成果を存分に発揮していました。

地域の方々へ感謝を込めて(須崎市立南小学校でお米の贈呈式)

 10月27日須崎市立南小学校で同校の4・5・6年生の児童が収穫したお米を、地域の社会福祉事業に贈る贈呈式が行われました。
 児童達は地域の協力のもとで田植えや収穫を体験しました。暖かく見守ってくれる人達へ感謝の気持ちを込め、この活動を続けています。
前のページ Page: 10 次のページ

個人情報保護ポリシー

このサイト内でのご意見・お問い合わせは こちら までご連絡ください。
Copyright(C) 2017 JA TOSAKUROSHIO All Rights Reserved.